高反発マットレスを比較するときはどこを見る?比較ポイントを検証

 

高反発マットレスといってもいろいろなものが販売されています。

 

 

それぞれ特徴にすぐれていて素材が違ったり価格が違ったり・・・
どんなとこを見て購入すればいいか迷ってしまいますよね。そこで高反発マットレスを比較する際のポイントを紹介します。

 

高反発マットレスの比較ポイントはココ!

高反発マットレスを購入するときにぜひ見てほしい比較ポイントを紹介していきます。

 

反発力

 

 

高反発マットレスを比較するときに1番見てほしいところは体に負担のかからない反発力があるかどうかというところです。

 

高反発マットレスの1番の売りは「反発力があるか」というところ。
弱すぎてもよくないし強すぎてもよくありません。

 

高反発マットレスを購入しようという理由が腰痛だった場合なおさら、反発力が必要になります。

 

高反発マットレスの中でもいろいろな種類はあり、反発力の強さもそれぞれです。
素材の違い・コイルが入っているかどうか・スプリングはどうなのか・・・など見るポイントはたくさんです。

 

どのような仕組みで高反発なのかというのを知るといいと思います。

 

 

素材

 

 

高反発マットレスで使われている素材としては「ウレタン」か「ブレスエアー」というものが多いです。

 

ウレタンだと反発力はバツグン、でも通気性がイマイチという特徴があります。

 

きちんと換気をするなどメンテナンスをすることができるのであればウレタンマットレスでも全然問題はないでしょう。

 

腰痛改善や快眠を重視するのであればウレタンの高反発マットレスはオススメです。
今は通気性も重視された商品も販売されていますので、そのようなウレタンマットレスを選ぶというのもいいかもしれません。

 

一方のブレスエアーの場合釣り糸をグルグル巻いたような空気の層があるマットレスになります。

 

なので通気性はありますが、反発力はウレタンよりは劣るのとものによってはヘタりやすいという口コミもあったりします。

 

快眠に関してはブレスエアーの商品はとてもよいと言われています。
芯材を入れたりと商品によってはヘタりにくくなっていたり、通気性はとても良くマットレスにしては軽いのでメンテナンスしやすいという利点もあります。

 

 

理想の高反発マットレスとは?

 

 

 

理想の高反発マットレスは「耐久性・通気性・反発力」がきちんとそれぞれの役割を果たしているものになります。


 

高いからといって耐久性がいいわけではないので、きちんと耐久性のあるものを選ばないと高いものを買ったのに1~2年でヘタってしまったということにもなりかねません。
通気性も大事でメンテナンスを怠るとカビやダニの原因となり快適な眠りを損なってしまいます。メンテナンスをしやすい、または通気性に優れている素材のものを購入するといいでしょう。

 

そして何より大事なのが反発力です。
高反発マットレスでは反発力が大事で少しのチカラで寝返りを打てたり起き上がったりできることが大切です。

 

 

この3つのバランスがちゃんとしている高反発マットレスを選ぶことをオススメします。