敷布団は腰痛対策には効果的?マットレスとどちらがいいの?

 

敷布団に寝ていますか?マットレスを使用していますか?

 

 

腰痛に悩んでいる人は寝具によって眠りの具合が左右されてしまいます。
そこで腰痛対策としては敷布団VSマットレス、どちらの方がいいのでしょうか?

 

敷布団は腰痛対策に効果がある??

 

 

 

 

まず敷布団に腰痛改善効果があるかというと・・・改善が少ない場合が多いです。


 

その理由として

 

厚みが薄いので腰に負担がかかる

 

うまく体圧が分散できない

 

寝返りをうつときに負担がかかる

 

といったところです。

 

腰痛対策として寝具に求められる重要な条件として『体圧分散』と『寝返りのしやすさ』というのが必要になります。

 

体圧分散とは

 

体圧分散は体の一点にかかる圧力を分散することです。
人間の背骨はS字カーブを描いており薄い敷布団に寝ると腰やお尻の部分に圧力がかかってしまいそれが腰痛の原因になってしまいます。
薄い敷布団だと体圧分散は難しくなりますので腰痛改善は難しいです。

 

寝返りのしやすさも腰痛改善に関しては重要になってきます。

 

 

寝返りをするときにはかなりの力がかかります。敷布団では反発力が弱いので寝返りの際に目が覚めてしまうということもたびたび起こり腰痛はもちろん寝不足になってしまうというもうひとつの問題も発生してしまいます。

 

 

人間は一晩で20~40回寝返りをすると言われているのでその度に目が覚めると大変ですよね。
なので反発力のある寝具を使うことが重要になってくるんです。

 

そのような寝具はあるのでしょうか?

 

腰痛対策にはマットレスの方がオススメです

腰痛対策として寝具を購入する場合、敷布団よりはマットレスの方が効果的です。

 

マットレスにもいろいろと種類があるので悩んでしまうと思いますが、オススメとしては高反発マットレスを購入するのがいいと思います。
なぜ高反発マットレスは腰痛対策にいいのでしょうか?

 

高反発マットレスが腰痛対策に良いワケ

 

体圧分散に優れている

 

 

高反発マットレスの特徴はなんといっても体圧分散に優れているという点です。
高反発マットレスはマットレスが柔らかすぎず硬すぎずという硬さのマットレスで背骨のS字カーブに沿って沈んでくれます。
と言っても深く沈み込むわけではないので、体圧が均等に分散され腰にだけ負担がかかることもなく快適な眠りを誘ってくれるというわけなんです。

 

 

寝返りがしやすい

 

 

そして高反発マットレスのもう一つの特徴として寝返りのしやすさが挙げられます。
上でも一晩に20~40回寝返りをする人が多いので寝返りのしやすさというのは睡眠にとってもものすごく大事なことになります。
高反発マットレスは寝返りをするときにほどよい反発力で体を押し上げてくれるので腰に負担がかかることなく寝返りをすることができます。

 

まさに腰痛に悩んでいる人には高反発マットレスが最適なのです。