高反発マットレスとアレルギーって関係あるの?何が原因になる?

マットレスを検索しているとよくアレルギーというワードが一緒に上がってきます。

 

 

何か関係があるのでしょうか?どのような理由があるのか調べてみました。

マットレスのアレルギーの関係とは?

まずアレルギーというのはマットレスだけでなく寝具一般で起こるものです。
マットレスだけでなく敷布団でも起こる可能性もあります。

 

その原因としてあげられているのが

 

ハウスダスト

 

ダニ

 

カビ

 

が大きな原因です。

 

ではこの原因によりどのような症状が起こることがあるのでしょうか?

 

アレルギー原因により考えられる症状は?

 

アトピー性皮膚炎

 

アレルギー症状(鼻炎・目のかゆみ・皮膚炎など)

 

喘息

 

等があげられます。これは大人だけでなく子どもにもある病気なので気を付けていきたいですよね。

 

寝具に関してこの症状を抑えるためにはどのようなことに気を付けたらいいのでしょうか?

アレルギー対策のための寝具選びのポイントとは?

アレルギー対策によく話題になるのが敷布団がいいのか?マットレスがいいのか?という話題です。

 

どちらもメリット・デメリットがあり住宅環境にもよりけりで設置しやすい方があると思うので比較していきたいと思います。

 

布団のメリット

 

・上げ下げが楽なので手入れがしやすい

 

・洗濯をすることもできる

 

・上げ下げするので敷布団の裏に湿気が溜まらない

 

布団のデメリット

 

・床からの距離が近いのでハウスダストを吸い込みやすい

 

・上げ下げの際にハウスダストが舞う

 

・敷きっぱなしだとダニ・カビが発生しやすい

 

というところが挙げられます。一方マットレスはどうでしょうか?

 

 

マットレスのメリット

 

・床から距離があるのでハウスダストは吸い込みにくい

 

・上げ下げがないのでほこりが舞わない

 

・通気性がよいものを使用するとカビ・ダニが発生しにくい

 

マットレスのデメリット

 

・一般的に手入れがしにくく洗ったりすることはできない

 

・マットレスの種類によっては湿気が溜まりやすくカビの原因に

 

というところが挙げられます。

 

で、結局どちらがいいのかということなんですが・・・結果的にはマットレスの方がアレルギーにはオススメです。

 

 

 

 

マットレスの方がハウスダウストを吸い込みにくいという点と上げ下げをしないのでホコリが舞いにくいという点でマットレスをオススメしたいです。

 

デメリットである通気性やお手入れの面では、通気性のよいマットレスというのも今は販売されておりそこまで気になる点ではありません。


 

あとはお手入れの面ですが、マットレスにはもともと天日干しは必要ありません。
除菌スプレーなども販売されているのでそれを使用したり、布団乾燥機や今はやりの布団専用掃除機などを使用すればお手入れの面でも特段問題はないと思われます。

 

 

 

 

敷布団の天日干しも今はPM2.5や有害物質が外を舞っている時代です。なかなか普通に干したからと言ってキレイというわけではありません。


 

と考えるとマットレスのほうが衛生的でアレルギー対策には有効ではないでしょうか?