腰痛対策には敷布団よりマットレスの方がオススメな点とは?

 

腰痛に悩んでる人も多く腰痛対策の寝具もたくさん販売されています。

 

 

敷布団とマットレスを比較した場合はどちらのほうがオススメなのでしょうか?
当サイトではマットレスをオススメしますが、その理由も紹介していきます。

 

 

腰痛対策、敷布団のメリット・デメリットは?

腰痛対策における敷布団のメリット・デメリットを紹介します。

 

 

敷布団のメリット

 

部屋を広く使うことができる

 

敷布団は上げ下げするのでベッドやマットレスのように一定の場所に置いておくことなくしまうことが可能なので部屋を広く使うことができます。

 

お手入れが楽

 

敷布団は軽くお手入れも楽なので干したり洗ったりが簡単にできるというところもメリットです。
洗えるというところは大きなポイントかもしれません。

 

 

敷布団のデメリット

 

布団の出し入れが面倒

 

部屋を広く使うことができる敷布団の出し入れですが、腰痛持ちの人には上げたり下げたりが結構大変な作業なんですね。
そのまま敷きっぱなしにしているとカビやダニなども気になりますし、見た目も悪いです。
マットレスならその点そのままでもいいんですけどね・・・

 

フローリングだと直に敷くことができない

 

フローリングのお部屋が多くなっています。
布団をフローリングの床に直に敷いてしまうとそれこそ湿気ですぐにカビが生えてしまいます。
すのこを敷いたり別途の手間がかかるようになります。

 

腰痛が悪化する

 

敷布団だと割と厚みがマットレスより薄いものが多く、腰痛が悪化する人が多いです。
腰痛対策で寝具を探すということなら敷布団はあまりオススメできません。

腰痛対策 マットレスのメリット・デメリット

腰痛対策におけるマットレスのメリット・デメリットを紹介します。

 

 

マットレスのメリット

 

敷いたままにしておける

 

ベッドフレームなどに入れたマットレスならなおさら敷いたままにしておけますし、マットレス単体でもそのようにできます。
もうベッドと同じ立ち位置で配置するため部屋の一部として組み込むことが可能です。

 

 

腰の負担が少ない

 

マットレスは敷布団に比べて厚みがあるものが多いので、起きたときの腰の痛みが少ないものが多いです。
腰痛に悩んでいる人は特に少々厚みのあるマットレスを選ばないといけません。

 

 

マットレスのデメリット

 

広いスペースが必要

 

マットレスをドンと置くと部屋にかなり威圧感が生まれます。
なのである程度広いスペースがないと、部屋がマットレスでいっぱいになってしまいます。

 

手入れが面倒

 

マットレスは洗ったりすることが難しいため、定期的な換気が必要となります。
干すことも難しいぐらい思いものもあるので布団用掃除機や乾燥機など別の出費が必要になるかもしれません。

 

 

と敷布団・マットレスにもメリット・デメリットがありますが腰痛対策という点だけに関していうと腰への負担がすくなく上げ下ろしという日常の負担が少ないマットレスをオススメします。