モットンとマニフレックスを比較しました!!

 

高反発マットレスとして有名なモットン、そしてマニフレックス。

 

 

どちらも良い点・悪い点あると思いますので思い切って比較してみたいと思います。

 

モットンはこんな高反発マットレスです!

モットンは腰痛対策マットレスとして人気の高い商品です。

 

 

腰痛に悩んでいる人にはとても人気の高いマットレスで返品保証もついていることでお試ししやすいマットレスとなっています。
そんなモットンのメリット・デメリットをまとめてみました。

 

モットンのメリット

 

ウレタン素材なのに通気性がよい

 

耐久性の高いウレタン素材を使っているのでヘタりにくく長期間愛用することができます。
ウレタン素材は通気性がよくないと言われていますがモットンはNASAで開発された特殊なウレタンフォームを使用。
耐久性や反発力はそのままに通気性にも優れているんです。

 

90日間返金保証がついている

 

モットンは公式サイトで2万円の割引がついているとはいえ、4万円弱とお安いマットレスではありません。
腰痛に悩んでいて購入したのに効果がなかった・・・では諦めるのもキツしそのままマットレスを使い続けるのもキツイものです。
そんな人にもモットンは90日間しっかりと使ってから購入を継続するか決めれる返金保証制度がついています。
90日間使用してみてから、モットンに満足できない場合は期限内に手続きをすれば返金してもらうことができます。

 

 

モットンのデメリット

 

いろいろとモットンのデメリットに関して調べていたのですが、口コミに「腰痛が改善しなかった」ということがありました。
これは個人差があることなのでモットン自体の問題というわけではなさそうです。
あまりに体重が軽いまたは重い人だと高反発の力を出し切れずに腰痛が改善しないといったこともあるようです。

 

そして特にデメリットというものは見当たりませんでした。

マニフレックスはこんなマットレスです。

 

マニフレックスは多くの有名人が使っていることで人気のマットレスです。

 

 

知名度が高いだけでなくいろいろな種類があるので自分に合っているマットレスを探すことができるというのも人気の理由のようです。
ではマニフレックスのメリットデメリットを紹介していきたいと思います。

 

マニフレックスのメリット

 

種類が豊富

 

マニフレックスはエリオセルという高反発素材を使用しています。
これには種類が何種類かあり、硬さ・反発力・機能性など違う種類の中から自分の体にフィットしたマットレスの硬さを選ぶことができます。
硬さや価格帯でもいろいろと選べる種類を取り揃えており、一種類の高反発マットレスしか販売していない商品が多い中、知名度と選ぶ種類があるという点で人気になっています。

 

スプリングレス

 

マニフレックスの特徴としてスプリングを使っていないということが挙げられます。
スプリングを使っているマットレスだと弾力性がありすぎるということもあり、腰痛に悩んでいる人だと余計に腰痛がひどくなるということもありえます。
あとスプリングがあるものはきしんだりすることもあり寝ているときに音が気になるという人もいます。
マニフレックスだとスプリングレスなのでそのような心配をすることはありません。

 

マニフレックスのデメリット

 

体重が軽い人には向いていない

 

マニフレックスは元々欧州産の商品で欧州人に向けて作られている商品です。
なので小柄な日本人にはマットレスが硬く感じることがあったり、反発力が強すぎて腰痛が悪化してしまうなどの事例があるようです。
体重が軽く小柄な人はザンネンながらマニフレックスが向いていないということがあるかもしれません。
実店舗での販売もあるので一度お試しできるようならしてみるのもオススメです。

 

モットンとマニフレックスのマットレス比較まとめ

 

 

 

モットンは本当に腰痛にお悩みの方にオススメのマットレスです。
かなり口コミも腰痛効果があったというものが多く、かなりの信頼性があります。

 

マニフレックスはスプリングマットがイヤな人、体型が標準の人にオススメです。
眠りごこちの快適さはかなりあるので快眠効果が期待できます。


 

モットン・マニフレックスともに口コミや評判を見ても個人差が出ることがあるのでじっくりと吟味して購入することをオススメします。