理想の寝姿勢とはどんなもの?調べてみました

眠る姿勢というのはとても大切です。

 

 

睡眠は人間にとってとても大切で健康に関しても影響を与えてきます。
理想の寝姿勢とはどのようなものか調べてみました。

寝姿勢って気にしたことありますか?

 

寝姿勢というものを気にしたことがありますか?

 

寝姿勢とはその名の通り寝ている姿勢。
あまり気にしていない人も多いのではないでしょうか?

 

 

眠れない場合、寝ている環境や枕だったりを気にする人も多いと思うんですが意外にマットレスの寝姿勢って大切です。
そこでどんな寝姿勢が理想なのか紹介していきます。

 

 

理想の寝姿勢はこんな形

 

理想の寝姿勢は、人間の背骨にそって沈む形です。

 

 

人間の背骨はS字カーブを描いておりまっすぐではありません。
硬すぎるマットレスだと肩・腰・お尻など仰向けに寝たときに点となってマットレスに当たってしまいそこに体の圧力がかかるため痛みが出たり熟睡できない原因になったりします。
逆に今度は柔らかすぎるマットレスだと、体が沈み込みすぎてしまい、体の一番重い部分(腰~お尻)あたりに負担がかかってしまいます。

 

なので出ているところは引っ込み、そして引っ込みすぎないマットレスというのが理想の寝姿勢を作るのによいマットレスということが言えます。

 

仰向けとうつ伏せどちらが疲れが取れる?

 

睡眠時の理想の寝姿勢については上で紹介しましたが個人個人でクセがある人も多いです。
小さいころからの習慣などでクセがついていることがあります。

 

仰向けで寝たりうつ伏せで寝たりする人もいると思いますがどちらの方が疲れがとれるんでしょうか?

 

うつぶせ寝はよくない!!長時間するのはやめよう

 

 

うつぶせ寝は長時間すると胸部を圧迫するのでよくないと言われています。
幼児にはうつぶせ寝はよくないと言われていますが、大人にもよくないんですね。

 

胸部を圧迫する他にも骨のゆがみや腰痛、O脚などを引き起こす原因になります。
女性の場合は胸を圧迫するため胸の型崩れや垂れなども起こると言われています。コワイですよねー。

 

なのでうつぶせ寝はできるだけ避けたほうがいいでしょう。

 

では仰向けに寝やすくするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

仰向けに寝やすい寝具を選ぼう

 

 

仰向けに寝やすい寝具として挙げられるのが高反発マットレスです。
高反発マットレスは、適度な反発力と体の圧力による沈み込みが体のカーブに沿ってできるので仰向けでも寝やすく寝返りもうちやすいと言われています。

 

長時間同じ姿勢を続けて眠るわけですから、寝具選びはとても重要になってきます。
寝ても寝ても疲れが取れないという人は、高反発マットレスを一度使ってみるのがオススメです。