快眠のポイントってなに?しっかりと寝て朝の目覚めを迎えるためには

しっかりと眠りたいけど眠れない・・・って人多いでしょう。

 

 

意外に夢うつつでしっかりと眠れてないって人多いと思います。
そこで快眠をするにはどのようにすればいいのでしょうか。ポイントを調べてみました。

睡眠不足の原因にはどのようなものがある?原因を詳しく調べてみました

 

睡眠不足を起こすと、疲労が取れない、高血圧や心臓病など健康被害が出るだけでなく最悪の場合交通事故や労災などを引き起こすことがあります。

 

 

睡眠は日常の生活において非常に重要な役割をはたしています。
では、一体睡眠不足はどうして起こるのでしょうか?

 

睡眠不足の起こる原因とは?

 

睡眠不足の起こる原因としては以下のようなことが原因として考えられます。

 

ストレス

 

 

ストレスが溜まったまま睡眠に入ると熟睡できない傾向があります。そのことを考えてイライラしながら眠ったり夢でまでうなされたり・・・なのでストレスは極力ためない・匂いやストレス解消できるもので少しでも負担を軽くしてから眠りにつくことが重要です。

 

生活リズムが不規則

 

 

眠りに入る時間が一定ではないとか、眠る前にスマホを使ったり眠る前に食事をしたりと眠る準備ができてないまま寝るような生活をしているときちんと睡眠がとれていない可能性があります。仕事や勉強・運動などもそうで寝る前ギリギリまで頭やカラダを使っていると興奮したままで眠りが浅くなり睡眠不足になってしまいます。

 

朝、太陽の光を浴びない

 

 

朝、暗い部屋で目覚めるとなんだか気分もすっきりせずどんよりとした気持ちになりませんか?これにはきちんと理由があって太陽を浴びると睡眠を促すホルモンであるメラトニンの分泌が止まります。そして脳の活性を促すセロトニンが活発になります。気持ちのよい目覚めを促すためには朝の太陽の光がとても重要です。なので太陽の光不足になると寝起きが悪くなり熟睡度が下がります

 

など他にも要因がありますが、以上のようなことが原因で起こることが多いです。

 

では快眠にするために必要なことはなんでしょうか。

 

快適な睡眠を得るために必要なこととは?

 

睡眠不足の原因がわかったところで、快適な睡眠を得るために必要なことを調べてみました。

 

 

快適な睡眠を得ようと思ったら自分でその環境を作らなくてはいけません。
どのようなことに気を付けなくてはいけないのでしょうか。

 

快適な睡眠を得るためのポイント

 

飲み物、食べ物に気を付ける

 

 

就寝4時間前には食事を済ませ、夜はなるべくカフェインなどを取らない工夫をすることも必要です。
コーヒーや紅茶などに含まれていると有名なカフェインですがチョコレートやコーラなどにも含まれているのでその辺も避けるよう注意が必要です。
アルコールも眠りを浅くするので毎日飲むと毎日寝不足になってしまいます。深酒はやめたり休肝日を作ることも必要です。

 

リラックス法をみつけて、眠りの環境を整える

 

 

睡眠不足の人にありがちなのが眠らなくてはいけないというプレッシャーで眠れないということなんです。なかなかリラックスの状態にならず逆に頭がさえて眠れないということも多いハズです。
その時は一度布団から出て眠たくなってから布団に入るようにしたり、読書やリラックスできる音楽、寝具や香りなどを整えてリラックスできる環境を整えることが重要です。あとは眠る前に軽くストレッチなどをすると体も心もほぐれてスムーズに入眠できるでしょう。

 

自分の環境次第で快眠は得ることができます。
気を付けるポイントを絞って快適な眠りを目指しましょう。