雲のやすらぎとマニフレックスを比較してみました

高反発マットレスの中でも人気のある「雲のやすらぎ」、そして「マニフレックス」

 

 

このふたつの商品について比較してみました。
どのように違いがあり、人気の理由が違うのでしょうか?

雲のやすらぎはこんな高反発マットレス

 

雲のやすらぎと言えば高反発マットレスでありながらフワフワの寝心地も追求してくれているマットレスです。

 

 

腰痛対策以外にも寝心地の良さで起きたときのすっきり感が違うと評判のマットレスです。
では雲のやすらぎマットレスのメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。

 

 

雲のやすらぎのメリット

 

腰痛対策効果

 

雲のやすらぎはマットレスが27cmとかなりの厚みがあり、床からも離れていることから腰に負担をかけることなく眠ることができます。
スプリングも入っており、寝返りもスムーズにできることから腰痛に悩んでいる人からとても人気のある商品です。

 

体圧分散力が高い

 

高反発マットレスの特徴としてはなんといっても体圧分散。マットレスにかかる体圧を分散することにより腰や肩への負担を減らしてくれるからです。
雲のやすらぎマットレスは極厚マットレスと、3D構造のウレタン&スプリングで驚きの体圧分散力を実現。
理想の寝姿勢で眠ることができると評判です。

 

 

雲のやすらぎのデメリット

 

重くて移動ができない

 

厚いマットレスにありがちなんですが、重くて簡単に動かすことができません。
シングルでも34.5kgとかなりの重さがあり女性1人ではとても無理で、動かす場合は人数が必要となります。
ただ、通気口などはあり通気に関しては普通のウレタンマットよりはよいので、立てて換気するなどの必要はないのでそんなに動かす必要はないかもしれません。

 

値段が高め

 

高反発マットレスでも3~5万円台の商品が多い中、雲のやすらぎマットレスはなんと10万円近くします。
かなりお高いです。使っている素材や商品を見てもらえれば納得できると思いますが、なかなか買うのに躊躇してしまう金額です。
お試しなどがあればいいのですがそれもないため買うまでに勇気がいります。

 

マニフレックスはこんなマットレスです。

 

マニフレックスは有名アスリートなどが愛用しているとして人気の高いマットレスです。

 

 

人気・知名度があるだけでなく商品自体のバリエーションも豊富なため愛用している人も多く自分に合うモデルを見つけることができます。
ではマニフレックスのメリット・デメリットを見ていきたいと思います。

 

マニフレックスのメリット

 

スプリングレス

 

マニフレックスの特徴としてエリオセルという弾力性の高いウレタンマットを使用しています。
このためマットレスにスプリングを使う必要がなく、スプリングレスでもヘタりにくいというのがマニフレックスの人気の理由のひとつになっています。
スプリングのあるマットレスは腰痛に悩んでいる人には弾力がありすぎて悪化してしまうということもありますし、スプリングがなくても弾力がイマイチだとヘタりやすいという特徴もあります。
マニフレックスはその両方のデメリットもカバーすべくスプリングがなくても弾力性がありヘタりにくいというメリットを持っています。

 

優れた体圧分散性

 

マニフレックスの特徴であるスプリングレスのマットレスは体圧分散に優れており、すっきりと目覚めることができると好評の商品です。
マニフレックスの素材であるエリオセルは、柔らかすぎず固すぎず理想的な弾力と復元力を持ち世界特許をとっている素材なんです。
体圧分散に優れているということは体が凝りにくく、熟睡できるため疲労回復などにも効果があります。

 

マニフレックスのデメリット

 

欧州産のマットレスなので合わない体型の人もいる

 

マニフレックスはヨーロッパ産のマットレスなので人によっては合わないということがあります。
特に小柄な体型の人はなかなか合いづらいと言われています。
マニフレックスに関しては通販のみの販売ではなく実店舗で販売しているところもありますので、試すことができる人は試してみるといいかもしれません。

 

雲のやすらぎとマニフレックスのマットレス比較まとめ

 

 

雲のやすらぎはフワフワのマットレスが特徴なので、腰痛以外にも安眠効果を求める人に向いている商品です。

 

マニフレックスは体圧分散が優れており、バランスよくすっきり眠りたい方にオススメです。


 

雲のやすらぎ、マニフレックスともにメリット・デメリットがありますので口コミ等参考にしながら自分に合うマットレスを見つけることができるといいですね。