体重と反発力の関係とは?反発力が強いほどいい?

 

高反発マットレスは反発力が高いマットレスということで今人気になっています。

 

この高反発は体重に関係なく同じマットレスであれば効果を発揮してくれるのでしょうか?

 

 

 

高反発マットレスと体重の関係とは?

 

 

反発力はN(ニュートン)という単位であらわされ数値が大きいほど反発力の強いマットレスということになります。

 

一般的に100N(ニュートン)以上のものが高反発マットレスと呼ばれています。
体重は非常に重要な関係にあり、体重の軽い人と重い人が同じ反発力のマットレスを使っていても効果が一緒という風にはなりません。

 

 

特に体重の軽い人は、あまりに高反発のマットレスを使用すると腰などが浮いた状態となり腰痛解消のために購入したマットレスなのに逆に腰を痛めてしまうということにもなりかねません。

 

 

そこで体重の軽い人・重い人それぞれの選ぶポイントをまとめてみました。

 

体重の軽い人に選んでほしい高反発マットレスとは?

 

100N(ニュートン)以上が高反発マットレスということをお話しましたが、体重の軽い人(50kgを目安としてそれよりも軽い人)は100~150Nのマットレスを使うことをお勧めします。

 

先ほども話しましたが、あまりに反発力の強いマットレスだと体重の軽い人は体が浮いてしまいかえって負担がかかってしまいます。

 

体重が軽い人が高反発マットレスを使うメリットとしては、体重が軽いのでヘタりにくいというものがあります。
あとは、ヘタりやすいと言われているブレスエアーの商品も体重の軽い人ならオススメできます。

 

 

ブレスエアーは釣り糸をグルグル巻いたような状態のマットレスで通気性はとてもよいのですが、耐久性がイマイチと言われている商品です。
しかし、体重が軽い人であればヘタりにくく通気性もよいので快適に過ごせるのではないでしょうか?

 

 

体重の軽い人が選ぶ高反発マットレスのポイント

 

100~150Nの高反発でも数値が低いもの

 

耐久性に難ありと言われているものでも大丈夫な場合も

 

中身がブレスエアーのものもオススメ

 

 

体重の重い人に選んでほしい高反発マットレスとは?

 

では逆に体重の重い人はどのような高反発マットレスを選べばいいのでしょうか?

 

体重が重い人の高反発マットレスの数値は130~180N(ニュートン)のものを選ぶと良いと言われています。
体重が軽い人よりかなり反発力がありますね。

 

体重が重い人がなにより重視しなくてはいけないのは『耐久性』です。
どうしても反発力があると言っても、体重もその分重いのですからヘタりやすくなってしまいます。

 

体重の重い人は『高反発力』+『耐久性』が重要になってきます。

 

体重が軽い人が腰が浮いてしまうのと逆に反発力が弱いと腰が沈んでしまいます。
なのできちんと自分の体重に合った反発力のある商品を選ぶようにしましょう。

 

耐久性の面から見ても体重の重い人にオススメの素材はウレタンです。
しかもウレタンの密度の高いものでないとやはりヘタる可能性が高くなります。

 

 

ウレタン素材で密度がつまり、厚みのある耐久性の高い高反発マットレスがオススメです。