長く使えるマットレスの見分け方とは?ポイントを教えます

マットレスで気になる点と言えば『寿命』ではないでしょうか?

 

 

値段の高さ・低さに変わりなくダメになりやすいマットレスっていうものがあります。
どのようなポイントをクリアすると長く使うことができるを購入することができるのでしょうか?

ヘタりにくいマットレスのポイントとは?

長く使えるマットレスを知る前にまずすぐにダメになってしまうマットレスとはどのようなものでしょうか?

 

 

調べてみました。

 

一般的なマットレスの寿命はどのくらい?

 

マットレスは高いものが多いので、なるべく長くもってほしいと思う人も多いのではないでしょうか?
5年?10年?持ってほしいですよね。

 

かなり耐久性のあるマットレスでも寿命は10年ぐらいと言われています。
マットレスは毎日使うもので同じ方向で眠ることもおおいことから、体の部分の重いところがどうしてもヘタっていってしまいます。
さらに、耐久性の弱いマットレスにあたってしまったら、1年もたないということもあるかもしれません。

 

ヘタりやすい素材はある?

 

ヘタりやすいマットレスの特徴としてはウレタン素材が有名です。
低反発マットレスなどによく使われる素材で、沈み込んで体を包み込むのが特徴です。

 

 

沈みこんで復元力も力がかかるのでこの力が弱い場合、体の重い部分の戻りがだんだんと悪くなりヘタっていってしまうということになります。
ウレタンという素材が悪いわけではなく、素材力の問題です。

マットレス買い替えの見極めのタイミングとは?

 

ヘタったマットレスでも、なかなか買い替えのタイミングがないとかまだキレイだからとかで使い続ける人も少なくないと思います。
ヘタり以外にもマットレスを買い替えるときにポイントとなる部分を紹介します。

 

真ん中部分にヘタり、へこみがある

 

人間は真ん中に眠るため、同じ位置がへこんできます。
寝ているときの姿勢が悪くなるので、不眠や腰痛などの体の不調が出てきます。
真ん中にへこみやヘタりが出始めた場合は買い替えのタイミングです。

 

きしむ音がする

 

寝返りのたびにスプリングのきしみがあり起きてしまうような眠りを妨げるマットレスはよくありません。
その場合、スプリング自体の機能もきちんと作用していない場合があります。
ベッドフレームなどでなくスプリング自体がきしんでる場合は買い替えを検討したほうがよさそうです。

 

マットレスが破れている

 

これはもう早急に買い替えが必要です。
ヘタっているだけでなくマットレスが破れていると正常に機能することは難しいです。
中にコイルやスプリングが入っている場合はそれが出てきてしまう恐れもあるので特に注意が必要です。

 

他にもいろいろとありますが、長く使えるマットレスを選ぶには素材と気密性を重要視して選ぶのがポイントです。