高反発マットレスだとなぜ腰痛がよくなるの?その事実とは?

 

高反発マットレスは腰痛改善に効果があると人気です。

 

年配の方だけでなく、最近は若い人の間でも腰痛に悩む人が増えています。
座りっぱなしの仕事だったり、産後の腰痛に悩んだり・・・

 

 

高反発マットレスがなぜそんなに腰痛を持っている人に人気があるのか、本当に効果があるのかというのを調べてみました。

 

高反発マットレスと腰痛の関係とは?

 

朝起きてイタタ・・・・とすぐに起き上がれない人いませんか?

 

実は寝るという行為かなり腰に負担がかかっています。
人間の背中はまっすぐというわけではなく、S字にカーブしています。

 

 

体に合わないマットレスで寝ていると肩甲骨やお尻の骨などがマットレスにつく形となりその他の部分が浮いてしまいます。
そうするとこの2点に重心がかかり腰などに痛みが出てしまうんです。肩こりも同様です。

 

 

そこで一時期流行ったのが低反発マットレスです。
やわらかいマットレスで深く沈み込むように体を包んでくれとても寝心地が良いと人気になりました。

 

 

低反発マットレスも悪くはないのですが、腰痛持ちの人には向いていないんです。
なぜ向いていないのかというと、低反発マットレスの深く沈みこむという特徴です。

 

人間は寝ている間に寝返りをします。一般の大人の人で一晩に20~30回寝返りすると言われています。
深く沈みこんだマットレスで寝返りを打とうとするとどうなると思いますか?

 

 

寝返ろうとするとかなりの力が必要となります。普通の人であれば特に問題はないでしょう。
ただ、腰痛持ちの人が寝返るためにはやはり腰に負担がかかります。

 

深く沈み込んだマットレスで寝返りを打とうとすると痛みで目が覚めてしまうでしょう。

 

そこで、高反発マットレスなんです。

 

高反発マットレスの一番の特徴が『体圧分散』です。

 

体圧分散とは、マットレスにかかる体の圧力を一点に集中せず分散してくれることを言います。

 

 

寝返りを打つのは血行を促進するのにはよくて、腰痛にも効果があると言われています。
ただ、寝返りのたびに目覚めてしまうというのは眠りの質という点ではあまりよろしくありません。

 

そこで高反発マットレスで適度に反発力があり圧力を分散しながら寝返りを打っても目覚めることなく眠れるというのはとても理想的です。
寝返りが容易にできるという点では高反発マットレスはとても優れている商品です。

 

腰痛対策に効果的な高反発マットレスのポイント

 

高反発マットレスと言われているマットレスが低価格のものから結構良いお値段のものまでたくさん販売されています。
腰痛がある場合に選ぶ高反発マットレスのポイントをまとめておきます。

 

3つ折りでない1枚もののマットレスを選ぶ

 

腰痛には体圧分散が重要になるので、3枚折りのマットレスだと分散力が落ちてしまいます。
必ず1枚もののマットレスを選ぶようにしましょう。

 

耐久性があるものを選ぶ

 

ある程度厚みのある耐久性のあるものを選ぶようにしましょう。
すぐにヘタってしまうと高反発の意味がなくなり、腰痛が悪化してしまいます。

 

10cm以上厚みのあるものがオススメ

 

上の耐久性ともかぶるのですが、10cm以上厚みのある1枚もののマットレスがオススメです。
薄いマットレスだと床との距離が近いためどうしても体圧分散的によろしくないです。体圧分散力にも耐久性にも厚みが必要になります。

 

 

腰痛になると朝起きるのが本当にしんどいですし、熟睡できるというのが少ないです。
高反発マットレスで朝までぐっすりの生活をしてみませんか?